うみのては9/26、9/27、長野りんご音楽祭と埼玉スーパーアリーナでのぐるぐるTOIROでライブした

3年前の自分は太っていた、ジッパーも空いていた
社会の窓はよく開きがちだ。
我慢せずに痩せる方法を知った
大切なのは酵素でもカロリー制限でも運動でもなかった
COyeX17UwAENgdH

演奏後、秋の空気に包まれ、坂道で寝そべってヨギーニューウェーブの粋な演奏を聴きながら眠ったり起きたり、「シグルイ」を読んだりした。現体制のフジロッ久(仮)も素晴らしかった

長野の明治から続くという老舗の店で「水そば」というものを食べた
水や塩で蕎麦の風味のみを味わう、という精進なものである
yamabiko
頼んだのは二八、十割、水そばの風味を食べ比べできる「やまびこセット」である
あまりにストイックすぎて笹口はナスの天ぷらを半分くれた

蕎麦を食べた後、メンバーで長野の温泉に寄った。キクイさんのすっぴんを見るのも今年で最後なのかもしれないなー、と思った。円庭はけっこういつもすっぴんである

9/27ぐるぐるTOIRO
圧倒的に素晴らしいメンツだった
ASA-CHANG&巡礼、Hermann H.&THe Pacemakers、「たま」の知久寿焼、そしてうみのて「IN RAINBOW TOKYO」を録音してくれたAxSxE氏擁するNATSUMEN。
あの頃、食事よりも、女の子よりも、洋服よりも優先していた音楽たちだった
笹口オーケストラ、左右、MOROHA、ぱいぱいでか美チームといった友人たちと飲み、歓談しながら楽しんだ
NATSUMENでは最前列ど真ん中で拳を何度もあげ、泣き叫んだ
AxSxE氏の指先や足元を凝視し、終演後はエフェクターをキッズみたいに撮影した
でも、アイドルたち、BiSH、BELLRING少女ハートがいなくなってから、夕方の客席は少し寂しい気がした
何が原因かは一言で言えないけど、音楽のせいだと思いたくないし、インターネットやスマホやYouTubeのせいにしてもいけないだろうな、と思った


フォロワーが100倍増えても変わらず気さくなぱいぱいでか美嬢と