IMG_7518
女の子は関係ない
本文とは関係ない

8/28
大塚でうみのてライブ。共演のex-BiSのテンテンコ嬢142cmの誕生日を祝う。数年前彼女が無力無善寺で箱入り気分のボーカルをしてたときに観たことがあった。携帯をいじるふりしながら、ファンの皆と話す軽妙洒脱なトークとチェキをとる緊張感とラフさと相成った、客ごとに表情を変えていく姿を見ていた、ヒカシューの万物創世記のような演奏が凄かったことと、巻上公一氏がちゃんと渡したうみのてを聴いてくれて、褒めてくれたこと、この日の自分のギターに万能感が足りなかったことは別問題である。友人知人もヒカシューにしか言及しなかった、それは実力不足である。雨の中帰った。

8/29、
上野で「ブラックナードフェス」という、ベリーハードコアな共演で弾き語りをした。利光雅之さんの音源をもらった、素晴らしかった。
ナイロン弦のメーカーもわからない国産のクラシックギターを使った。
知り合いが恋人の実家からかっぱらってきたものらしい。
業や怨念が生ある者に害なすなら自分はとうに死んでいると思った。
上野の大勝軒はやはり甘かった。にゃにゃんがプー氏にサインをもらいそこねた。

8/30
日々消えていく同い年バンドマンの1人、salsaのワンマンだったがスタジオに篭もっていた。
出来ないことを反復して克服する特訓は辛いが楽しい。

8/31
実は親戚であるバンド「ド真ん中ズン」や友人たちが出るのでライブハウスに向かう。まったくノリが違う音楽性や界隈はスリリングだ。そしていつも男たちを結びつけるのは下ネタである。PPP岡愛子嬢のカッティングもYDOの傍らでリード/リズムを往来するMOROHA UKのギターも素敵であった

9/1
8月のうちに夏は死にかけていた、だが街全体にエアコンがかかったような、終わりとほんのりと発情の予感が大好物で、こんなときに外で飲む安酒は最高だ、この短い季節は、自分だけのものだと思い込んでいる。誰とも繋がらず、夜をワガママに独り占めしたい、なのに風邪っぽいものを引いてしまった、悔しい。今日もスタジオに向かう