高野京介ブログ

ゲーム音楽が好きなギタリスト SuiseiNoboAz / ゲスバンド / 古都の夕べ / ex.うみのて

兄とまる福大勝軒、江古田。
もはや大勝軒ではないクォリティの高さと独自性。
辛み+50円。騙されたとおもっていれてみて。

sebastian X、栗コーダーカルテット、武蔵大学。
武蔵大学は発泡酒を百円で出している。
ベースのネックが永原真夏のワンピースに意図してかしないか引っ掛けふわっとめくれ上がる。
金田サカエ(東京ガールズブラボー/岡崎京子)に近い、と思った。賛辞である。
半端な絶望ごっこじゃまったく勝ち目ない多幸感ハードコア、日陰者も唸る。畜生

栗コーダー。いきつけの阿佐ヶ谷の漫画喫茶で流れる曲をやってくれる。嬉しい。

笹口と夕暮れから日没まで美しい室内楽を余韻に世知辛い話をした。

luveless企画、女ギターのアンプのトレブルとミドル、ほぼフル。
8つくらいのファズ。踏むたびに耳が痛い。楽しい。
普段一緒にやっている人のライブを客席からみれるのは
バンドを掛け持つ自分ならではのご褒美でもある。
luveless邪悪なギターがすごかった。
歌はかすかにきこえたよ。もっと聞きたいよ。
良企画。大概のバンド間に合わず。しょぼん。

都心、前はもっと繊細というか、憂いがある感じに思っていたらめっさ戦闘的だった。
名ブッキング野郎でもあるベース佐伯はドラゴン紫龍みたいで超クール。
こいつね


バンドを語るときに、ジャンル名や他のバンドを引き合いに出すのは最もわかりやすいが、劣悪な行為だと考える。だから私は漫画やスタンドを引き合いに出す。いつぞやタコポンズたちとも話したのだが、古屋実はニルヴァーナだとか、だとするとピクシーズは望月峰太郎だとか、はっぴいえんどが手塚だとか、無責任で正解がない与太話になるのである。こういう話の喧嘩は楽しい。
わたしはつの丸やこせきこうじ、になりたい
ん。そりゃあ、画太郎や、華倫変や、山本直樹に、なりたかったんだけどさ。

魔王と妊婦。カレーご馳走になる。美味!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トラックバック